メタバースとは?できることやメリットデメリット、始め方を詳しく解説

メタバースとは 使い方も詳しく解説

「メタバース」という言葉を聞いたことはあるけれど、正しく理解できていなかったり、詳しいところまで知らない方も多いのではないでしょうか。

今回はメタバースとはどのようなものかを紹介するとともに、注目されている理由や活用方法、今後の可能性などについて解説します。

なおこの記事を書いているのは、2020年からメタバース上の店舗で買物ができるサービスを開発、運営している株式会社Urthの代表です。メタバースが何なのか全くわからない方でも理解できるよう、簡単にわかりやすくメタバースについて解説しています。

メタバースとは

メタバースとは

メタバースは、もともと「Meta(超)+Universe(宇宙)」からつくられた造語です。そのため、明確な定義があるわけではなく、幅広い意味で用いられています。

ただ、何かしら定義がないとメタバースのことを想像しにくいでしょう。2022年現時点では「コミュニケーションを取ることができる仮想の空間」と認識していれば問題ありません。

なぜこう定義しているかというと、メタバースとVRで大きく異なる点が「コミュニケーションが取れるかどうか」だからです。

メタバースとVRの違い

メタバースの定義を理解するためには、VRとメタバースの役割の違いについて知っておく必要があります。

そもそもVRとはVirtual Realityの略語で、バーチャルな現実、すなわち仮想現実のことです。VRは建物や物体などを仮想の空間に再現したものであるため、その中で会話ができることや現実空間のような活動ができることはVRには求められません。

一方で、メタバースでは仮想現実空間の中で会話などのコミュニケーションができることを求められます。そのため、仮想現実空間の中では自分を表現するアバターが必須となり、メタバースにはアバターが必ず存在するといっても過言ではありません。

以上の理由から「メタバースとはコミュニケーションを取ることができる仮想現実空間」と定義しました。この定義を用いることで難しいと思っていたメタバースを簡単に理解することができます。

メタバースが注目されている理由

なぜ、メタバースはこんなにも注目されているのでしょうか。その大きな理由は、現代の経済を引っ張るアメリカのIT企業の多くが、メタバースに対して事業投資を始めたからです。

Facebook社から社名を変えたMeta社、新しいVRゴーグルの開発を始めたApple社、メタバース領域に大きな投資を行っているMicrosoft社などが最たる例でしょう

参照記事
1.https://gadget.phileweb.com/post-910/
2.https://note.com/iwhododo/n/n943d6102107f

これらの企業は、これまでスマートフォンの画面上、つまり2Dで情報交換をする最先端のシステムを開発していました。しかし2022年現在は、VRゴーグルなどによる3Dでの情報交換システムの開発に大きく舵を切っています。日本でも、ソニー株式会社が新しいヘッドセットを開発するなど、開発が加熱しています。

2022年現在では「新しい技術であるメタバースを使って何かできないか?」とさまざまな企業が模索している段階です。このようなチャレンジングな企業の取り組みも、メタバースが注目されているひとつの理由になっています。

メタバースが活用されている分野

大きな期待を持たれているメタバースですが、具体的にどこで活用されているのでしょうか。実は、皆さんの生活に密着したところでもすでに多くの活用事例が隠れています。

オンラインゲーム

メタバース とは ゲーム
出典: https://www.animal-crossing.com
あつまれ どうぶつの森 プロモーションイメージ
Image Credit: Nintendo

メタバースの一番の活用場所はオンラインゲームです。多くのメタバース企業も基本的にはメタバースゲームを作成しています。

ここで注意していただきたいのが、メタバースゲームだからといって、VRヘッドセットが必須となるわけではないということ。「メタバースとは」で解説したように、メタバースは「コミュニケーションを取ることができる仮想の空間のこと」です。

そのため、ここでいうメタバースゲームとは、ゲーム内でアバターを介してコミュニケーションがとれるゲームのことを指します。アバターとは、ゲームの中でのキャラクターとしてとらえられていることも多いでしょう。

メタバースゲームの代表例としては、以下の3つが当てはまります。

  • フォートナイト
  • Minecraft(マインクラフト)
  • あつまれ どうぶつの森

これらすべてに共通しているのは、プレイヤーがキャラクター(アバター)を操作し、その場でコミュニケーションが取れるということ。

フォートナイトでは、有名アーティストが仮想現実空間内でバーチャルコンサートを行い、1,230万人という膨大な参加者を集めて話題になったことも。今後も、様々なメタバースゲームが生まれることが期待されます。

ビジネスでの活用

メタバースはゲームだけでなく、ビジネスの場面でも積極的に活用され始めています。ここからはメタバースのビジネスの活用方法について紹介します。

メタバース上でのオフィス

メタバースの活用法で、主流になっているのがオフィスとして活用することです。

新型コロナウイルス感染症の影響で、リモートワークという働き方が世界で一気に広がりました。出社せずに働けるなどの便利な側面がある一方、ちょっとした相談や社員同士の雑談は減少し、生産性が下がったというデメリットも出てきています。

メタバースを活用したオフィスでは、リモートワークのメリットも備えつつ、デメリットであるコミュニケーションをオンライン上でも行えるようになります。

特に有名なのは、Meta社のHorizon Workroomsです。2022年8月から日本でも利用できるようになったHorizon Workroomsでは、アバターとなって仮想現実空間でコミュニケーションをとり、働くことができます。

日本で有名なのは、Oviceです。こちらは2Dですが、オンライン上で自分をあらわすアイコンを仮想のボードの上で動かしてコミュニケーションをとることができます。

メタバースの開発を行っている弊社では、メタバース上に自社のオフィスを構えています。働くときはアバターとして出社し、仕事をしています。フルリモート体制で仕事をしていますが、メタバース空間上で会話ができるため、ちょっとした相談も気軽にできます。

会議もメタバース空間上で行えるため、現実ではよくある会議の前後での雑談などのコミュニケーションも活性化し、アイデアが生まれやすくなっており、メタバースの良さを日々実感しています。

メタバース上でのショップ

メタバースの活用法はオフィスだけにとどまりません。メタバース上でショップを開き、商品を販売する活用方法もあります。もともとゲームの中で武器などのグッズを販売していたため、企業がメタバースを活用する際にも比較的早い段階で登場した使われ方です。

現実にあるものを販売していたり、仮想の空間でしか使えないものを販売していたり、メタバース上でのショップが販売している商品は幅広いです。

実例として、東証スタンダード上場企業である株式会社プラザクリエイトでは、「つくるんです」という商品を販売するためのショップをメタバース上で開設しています。

メタバースとは ショップ
参照:https://www.tukurundesu.com/pages/vr

スマートフォンやパソコンから簡単に入ることができ、中では実際の商品を立体的に見ることができます。

具体的な活用方法として、オンライン上でのショップとしての役割がひとつ。もうひとつはファンコミュニティの交流の場として活用されています。

ファンミーティングをメタバース上のショップで開催し、ファンの方との新しいコミュニケーションの形ができています。顔を出さずにアバターとして参加できることで、ファンの方がより話しやすくなるといった効果が出ていました。

実は株式会社プラザクリエイト様のメタバース上でのショップ開設は弊社が行いました。弊社では「V-air shop」というメタバース上でショップ開設ができるサービスを提供しています。

美容系の商材を扱う会社や子供向け玩具を扱う企業まで、幅広いジャンルの企業様にメタバース上でのショップを活用いただいています。

メタバース空間上でのイベント

メタバースとは イベント
【参照】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000140.000034617.html

ビジネスでのメタバースの活用法として、イベント開催もあります。

メタバースのなかで最も重要なのがコミュニケーションがあることですが、そのためには多くの人が集まる必要があります。その集客部分を果たすのがイベントです。そのため、イベントとメタバースは非常に相性がよく、代表的な活用法として広まりました。

日本での大きな事例としては、株式会社HIKKYが行っているバーチャルマーケットです。数週間で参加者は100万人を超えました。また、Cluster社も様々なイベントが行えるメタバース空間を作成し、展開しています。

大規模なイベントは、メタバースを提供する企業が行うことが多いですが、小規模なイベントはメタバース企業でなくても開催が可能です。メタバース空間を持ち、ファンミーティングなどのオンライン上でのイベントを開催することで、成立するため、多くの企業が取り組める活用法になります。

メタバースのメリット

ここまでメタバースの意味と活用法をご紹介してきました。ここからはメタバースを活用するメリットをご紹介します。

場所にとらわれずに現実に近いコミュニケーションがとれる

メタバース とは コミュニケーション アバター
参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000105910.html

メタバースの強みは仮想現実空間でのコミュニケーションが取れることです。それぞれのユーザーがアバターとなって双方向で情報交換(コミュニケーション)ができます。

例えば、ショップでは自宅にいながら、店舗に行ったときと同じように店員さんとコミュニケーションが取れます。

オフィスとしての活用法では、リモートワークであっても、現実のオフィスと同じように雑談などの小さなコミュニケーションも取れます。

非日常な体験ができる

メタバース 非日常
参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000869.000032951.html

メタバースは現実に近いコミュニケーションがとれる一方で、仮想の空間ならではのメリットもあります。それは、現実では不可能なことを体験できるというものです。

具体的には空を飛べたり、アーティストの真横でコンサートが聞けるなどが挙げられます。これらは主にメタバースゲームで体験することが可能です。このように、現実では不可能なことを簡単に体験できるのはメタバースならではのメリットとなります。

新たなビジネスチャンスがある

メタバース 服
参照:https://www.beams.co.jp/news/2805/

まだまだメタバースは発展途上のシステムです。現状では、多くの企業が導入を検討している段階で、実際に利用している企業は少ないです。そのため、メタバースを利用したビジネスチャンスは至るところに転がっています。

代表例として挙げられるのが、メタバース空間で着ることができる服です。メタバースゲームの中で服は現実のお金や仮想通貨を用いて売買がされています。他にも、魔法の剣などのゲームで使えるアイテム、さらには仮想の空間上の土地まで取引されています。

このように、メタバースで様々な市場が生まれてきているのは、企業にとっては大きなビジネスチャンスになります。

そのため、メタバースのプラットフォームを提供する企業だけでなく、アパレルメーカーなどもメタバースを持つようになっているのはこのチャンスをいち早くつかむ目的もあるようです。

アバターならではのコミュニケーションができる

メタバース とは コミュニケーション
参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000869.000032951.html

メタバースでの大きな特徴のひとつがアバターとして他者と会話ができるところです。アバターは見た目を自由に変えることができます。

つまり、メタバースを活用することで、なりたい自分で話すことができるようになりました。これは今までになかったコミュニケーションの形です。

アバターとなることで、顔を見せないで話せるなど、匿名性が上がったことで本音を言いやすくなったり、そもそも発言しやすくなったりするなどの効果が出ています。

企業側からすると、お客さんからいかに本音を引き出すかは、非常に重要なミッションとなりますが、その一助となるのがメタバースです。

メタバースのデメリット

ここまで、メタバースのメリットを解説してきましたが、もちろんデメリットも抱えています。ここでは、メタバースのデメリットを解説します。

メタバースに移るのに時間がかかる

メタバース 読み込み時間

メタバースに入るということは、現実空間から一時的に離れることを意味します。そのため、ほとんどのメタバースはその世界に入るために多くの時間を要します。

もし、VRヘッドセットを使って体験するとなると、非常に時間がかかりますし、メタバースゲームであってもアプリケーションをダウンロードしなければならないなど、多く時間を使うことが必要になります。

こういった問題は、メタバースを体験するためのデバイスを提供する企業、メタバースを提供する企業がそれぞれ解決に向けて開発を進めている部分です。

セキュリティの脆弱性

メタバース セキュリティ

誰とでもオンライン上でコミュニケーションを取れるのがメタバースの強みですが、これは逆に普段は合わないような悪い人と交流できてしまうことも意味します。

メタバース上での情報は基本的にWebサイトに載せるような、一般公開されるものです。一方でユーザーは現実に近いため、手元のみで出されている情報と錯覚してしまう場合があります。

人と話しているところを想像してください。自分は目の前の人にしか話していないつもりでも、サーバー上ではメタバース空間全体の情報と同一にされ、公開されています。友人とだけ共有していたつもりが、実は周囲にも聞かれているようなイメージです。

法整備が追いついていない

メタバース 法整備

メタバースに関しての法律はまだ整備されていません。メタバースを利用しているアメリカでは、メタバース上での痴漢行為や執拗な追いかけ回しが起きています。法整備が追いついていないと、このような問題が起こったときに対処できません。

また、2022年現在、日本の民法ではメタバース上で「もの(データ)」の所有権は認められていません。そのため、メタバース上で購入したものが盗難や破壊などの被害にあったとしても、法律でそれを裁くことはできません。 

令和2年7月には経済産業省が、企業がメタバース事業を行う際の法的な問題を調査した報告書を掲載しました。しかし法的リスクをまとめるという結論に留まっています。

導入するのが難しい

メタバースを企業が導入するにあたって、もしくは個人でメタバースを所有するにあたって導入が難しい面はデメリットのひとつといえるでしょう。

特にコストの問題は大きく、一つのメタバースを持つことだけでも多額の費用がかかることがあります。メタバース空間を作ることとゲームを作ることが同一視されやすいため、試作品の作成で1,000万円、実際のメタバースの作成には億単位の費用がかかるということも多くあります。

一方、弊社では独自のビジネスモデルを活用することで、月額数万円でオリジナルのメタバースを保有できるようにしました。

メタバース 3分でわかる資料請求

メタバースの始め方

ここまでメリットとデメリットを紹介してきました。メリットを強く感じた方は、メタバースを導入したいと思っているのではないでしょうか。ここからは、メタバースの始め方についてご紹介します。

個人でメタバースを活用する方法

メタバース 個人利用

個人が、メタバースを活用する方法は2つあります。ひとつは、既存のメタバースの中で自分の空間を作成し、そこで体験することです。

例えば、メタバースゲームの一つであるどうぶつの森では、自分でオリジナルの村を作って、オンライン上で友達を招待できます。この時、自分で作ったオリジナルの村がメタバース空間であり、友達とその場で話をしたことで、メタバースを体験したこととなります。

このように、多くのメタバース提供企業は個人の方に対して、メタバースの構築環境を提供しています。その環境を活用するのが一番早く活用できる方法でしょう。

もう一つは、自分でコードを書いてメタバースを構築する方法です。メタバースで使われる技術の多くは古くからあるもので、公開されている情報も多いです。コードを書くのが得意な方は、メタバースを自分で作ってみるのも面白いかもしれません。

法人でメタバースを活用する方法

メタバースを企業が活用する方法も2つあります。ひとつは、既存メタバースプラットフォームでのイベントに参加する方法です。これは、株式会社HIKKYやクラスター株式会社が行っているイベント型のメタバースに出店することを意味します。

イベント自体に人が集まるため、集客や認知度の上昇に大きく役立つのがこの活用方法です。

もうひとつは、オリジナルのメタバースを保有することです。これは日本では弊社やOvice社が提供しているモデルで、企業ごとに独自のメタバースを作成します。

ここでの目的は集客ではなく、企業の情報をより深く知ってもらったり、ファンと交流すること。oVice株式会社が提供しているメタバースのオフィスはファンではなく社員が交流している空間です。

この活用法では、Webサイトを保有しているのと同じようにメタバースを保有し、情報発信や交流が可能になります。そのため、どのような目的で交流するのか、どんな情報発信をするのかが重要です。

法人によるメタバース活用は昨年から活性化され、まだまだ新しい領域。そのため取り組む各社が、どのような目的を達成するのか、どんな課題を解決するためにメタバースを用いるのかを深く検討しなければならないのが現状です。

次に、法人向けのメタバースを提供している各社がどのようなサービスを提供しているのかをご紹介します。

Horizon Workrooms

メタバース ホライゾンワールド
参照:https://about.fb.com/ja/news/2021/08/horizon-workrooms/

Horizon Workroomsはメタバース業界を牽引するMeta社が提供する仮想現実空間上のオフィスです。

Horizon Workroomsを使うことで、リモートワークでなくなりつつある雑談ができるようになったりと、現実に近いコミュニケーションをリモートワークでもできるようになります。

必要なもの

Horizon Workroomsは現時点では、Oculus Ques2の端末で最も多くの体験が可能です。また、パソコンからでもビデオ会議として参加することは可能です。

導入方法

導入する手順は、まずWorkroomsアカウントを作成し、Oculus Quest2をペアリングし、チームメンバーを招待します。そうすると招待したチームメンバーとメタバースで打ち合わせが可能です。

Cluster

メタバース クラスター
参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000017626.html

日本で有名なメタバース提供企業のひとつであるクラスター株式会社。Clusterでは、メタバース上でのイベントが開催できるだけでなく、イベントを通じた交流も可能です。

法人が利用するには様々な条件がありますが、メタバース上でのイベントを開催することにおいては、日本でかなり進んでいるサービスでしょう。

必要なもの

スマートフォン、パソコン、VRヘッドセットで体験が可能です。また、Clusterのアプリケーションも必要となります。

導入方法

スマートフォンやパソコン、VRヘッドセットでClusterのアプリケーションをダウンロードします。ダウンロードすると、アプリケーションの中でメタバース空間を体験することが可能です。

V-air

弊社Urthが提供するV-airも法人向けメタバースになります。株式会社HIKKYやクラスター株式会社が提供する集客のためのメタバースではなく、企業がWebページで情報伝達していた内容を、よりわかりやすく、より多くの情報を伝達できるメタバース空間を提供しています。

メタバースの核であるコミュニケーションが生まれやすくなるように、建築の考え方を導入した上でアバター同士が自然と集まるような空間を設計し、企業とお客さんがよりメタバース上で情報交換できる仕掛けを用意しています。

各企業がオリジナルのメタバースを作成し、その中で商品の魅力やSDGsへの取り組みといった情報を伝える、またはお客さんとの交流の中で情報収集をしたりとさまざまな目的のもと、ご活用いただいています。

また、ショップとしてお客さんと交流する場所だけでなく、メタバースに入れる人数を制限することで、企業のオフィスとしてご活用いただくこともあります。

必要なもの

スマートフォン、パソコン、VRヘッドセットで体験いただけます。アプリケーション党派必要なく、URLからそのまま体験できます

導入方法

すでに公開されているメタバース空間を体験する場合は、URLをクリックすることで体験が可能です。

以下のURLからは弊社オフィスの複製空間を体験いただけます。

https://plus-field.link/io2KJxL

メタバースと関連している新技術

メタバース NFT ブロックチェーン

メタバースが世界で普及していく中で、その世界を下支えする新しい技術も広まっています。最後に、メタバースに関連している新技術をご紹介します。

ブロックチェーン

仮想通貨を支える技術として有名なブロックチェーンですが、実はメタバースでも活用されています。

ブロックチェーンとは、インターネット上での取引履歴を世界の任意の第三者が承認するため、改ざんをするのが非常に困難な技術のこと。またデータの保存もさまざまな場所で行っているため、永久に消えることがありません。

そのため、国が保証している通貨でのやり取りと同じようにブロックチェーンは取引を保証する力を持っています。

この技術は、いち早く通貨の面で取り入れられました。現在の国ごとの通貨から代替が起きることが期待され、多くの投資家が仮想通貨に資金を投入しています。

このブロックチェーンですが、インターネット上での取引履歴を記録できるため、メタバースとの相性が非常に良いです。

例えば、メタバースゲームの中で取引をした際、その取引記録がブロックチェーン上に記載されることで、誰から見ても正式にルールを守って保有者が変わったことが証明できます。

もしブロックチェーンがなければ、ルールを守って購入したのか、ハッキングして盗んだのか判断ができません。ブロックチェーンがあることで、メタバース内での取引が健全なものとなり、ルールの徹底が図れます。

NFT

2021年、メタバースとともに大きく取り上げられたのがNFTです。これは、デジタルデータに証明書を作成し、それをブロックチェーン上で管理する技術です。

簡単にいうとインターネット上のイラストに「これはあなたのものですよ」と明記され、それが不正に書き換えられたりしないというもの。

この技術で、デジタルデータはコピーした履歴が残るようになったため、複製可能だったゆえに価値が付かなかったデータに価値が付くようになりました。

メタバース上で活用できる服や剣などといったアイテムが世界にひとつしかない場合、NFTを使うことで本当に世界にひとつのものとなり、価値が付くようになります。

このNFTとメタバースをうまく活用し、マーケティングを行ったのがルイ・ヴィトンです。ルイ・ヴィトンは昨年からメタバースゲーム上で限定NFTを獲得できる施策をうち、これまでに約200万ダウンロードされています。


今回は、メタバースとはいったい何なのかといった部分から具体的な活用法までご紹介しました。メタバースとは、「コミュニケーションをとることのできる仮想の空間」のことであり、そこでは今までのオンラインでの情報交換とは異なる情報交換が可能になります。

この新しいコミュニケーションの形をいかに早くビジネスに取り込めるかが、無限の可能性を持つメタバースを活かした事業成長につながるカギといえるでしょう。

メタバースについてもっと詳しく知りたい、導入してみたいと思った方は下記URLより資料をご覧ください。

メタバース 3分でわかる資料請求

投稿者プロフィール

田中 大貴
株式会社Urth CEO
早稲田大学創造理工学研究科所属
早稲田大学創造理工学部建築学科を2021年3月卒業
大学では、建築学を専門としつつ、2018年4月からは早稲田大学で「ビジネス・アイデア・デザイン(BID)」をはじめとした商学部の授業を受講。 その後、文科省edgeNextプログラムの一つである、早稲田大学GapFundProjectにおいて2019年度の最高評価および支援を受け、起業。 現在は、大学院で研究をしつつ、「〇×建築」をテーマにwebサービスの開発、営業から、建築の設計及び建設物の運営やVR空間の設計に関するコンサルタントまで幅広い事業を行う。

V-air Officeを無料で一年間利用しよう!

V-air officeでは創業から一年以内であれば、無料でVRオフィスを使えるサービスを提供しています。
この機会に、メタバースにバーチャルオフィスを獲得して、事業を加速させましょう!

 

PAGE TOP