メタバースに店舗を出すって何?事例・出店方法などご紹介!

metaveseshop

最近、「メタバース」という言葉を耳にする機会が多くなり、メタバースと何かを理解している人が増えてきたように思います。メタバース上でできる事を、想像するだけでワクワクしますよね。メタバース上でも、現実世界と同じように、コミュニケーションを取りながらメタバース上にある店舗でショッピングなどできればと考える方も多いのではないでしょうか

実は、すでにメタバース上に店舗を出店している企業や、お買い物を楽しんでいるお客さんがいます!!

今回は、そんなメタバースで「店舗」を出店するとは何か、その事例や方法についてご紹介したいと思います。

そもそもメタバースとは

メタバース ショップ

本題の前に軽くおさらいします。

この記事を読んでいる方は、すでに理解している方も多くいるかと思いますが、

メタバースとは、一言でいうと、「仮想空間」のことです。

現実世界とは違う、インターネット上に作られたもう一つの空間のことを指します。

メタバースでは、利用者が自分の好みで選んだアバターを使って、コミュニケーションをとったり、ショッピングをしたりと様々なことができます。

メタバースに店舗を出すとは

メタバース 店舗 出店

本題に入りましょう。

結論からいうと、【メタバース上に、店舗を出店し商品を販売するという事】です。

読んで字の如くすぎて、なかなかイメージがつきづらいかと思いますが上記の一文が結論になります。

商品を3Dで再現したり、スタッフが店舗にアバターとなりお客さんとコミュニケーションなどをとったり、商品を陳列させ、ウィンドウショッピングなどを再現し、現実世界に近い環境でお買い物を楽しんでもらうことが可能になります。

メタバースに出店するメリット

メタバースに出店するメリットは大きく分けて4つあります。

  • プレスリリースなど話題性による新規顧客の獲得
  • ブランドの世界観や実店舗などに施されている工夫などが表現可能
  • 既存ECより高いCVRが期待できる
  • 初期構築費用・固定費が抑えられる

プレスリリースなど話題性による新規顧客の獲得

メタバース ショップ 店舗 話題性

いざ、メタバース上に店舗を出店するとなるとその分話題性や注目度も自ずと高まります。

現在SNSなど積極的に活動している企業などは、フォロワーなどの属性にもよりますが今まで商品ページや実店舗になかなか出向くことのなかった層が、今回のメタバース出店により興味本意で来店する効果なども期待できます。

中でも、ゲームなどによるメタバース上での生活が日常になりつつある、Z世代には高確率で注目されます。

これにより現在のECやオフライン店舗で獲得できていなかったユーザー層を獲得したり、ファンユーザーを獲得することが可能になるのです。

ブランドの世界観や実店舗などに施されている工夫などが表現可能

メタバース 店舗 ショップ 出店 ブランド

メタバースでの店舗では実店舗などに活用されている、ブランドイメージや世界観などをECの2Dでは再現、創作できなかった「空間」を実現させることができます。空間を活用することにより、商品を実店舗のように陳列させ、360°のウィンドウショッピングが可能な空間を創り出すことができます。これにより、実店舗でおこる、「衝動買い」や「ついで買い」などの購買モチベーションが高い状態が常に起こりやすくなります。

また、導線設計など工夫が折り込まれることにより、無意識に人間が行動してしまう空間の創りから、商品の紹介や生産者の思い、サステナビリティの取り組みなど、企業が伝えたい情報を、ユーザー自らが能動的をとりにいくような仕掛け作りが可能になります。

既存ECより高いCVR

メタバース 店舗 ショップ グラフ

一般的なECサイトにおけるCVRの目標値は、サイトに訪れたユーザー数に対して1~3%と言われていますが、

弊社サービスを使用していただいている某企業メタバースショップのデータから驚くべき効果が出ました。

メタバース空間から用意した商品ページへの遷移率が約5% という結果です。つまり、メタバース空間に訪れたユーザーの20人に1人が商品ページで購入を検討しています。

もちろん、購入率に関しては商品そのものの魅力勝負ですが、実際に商品ページまでいき詳細を読み購入を検討するユーザーが1〜3%と考えるとこの数字はとても大きいと考えられます。

メタバース空間は、商品の魅力や期待感、などを伝えられるサービスになります。

実店舗と比較し、初期構築費用・固定費が抑えられる

メタバース ショップ 店舗 お金

メタバースでの店舗では、バーチャル店舗の構築・出店に必要な費用はソフトウェア開発費・空間設計費用が中心になります。

敷金・礼金や外装費・内装費、家賃・光熱費などが発生するリアル店舗の出店と比較すると、大幅にコストカットすることが可能です。

さらに、毎月かかるランニングコストはサーバー保持や利用料などだけで、毎月の変動費などがないので支出管理などの経費の見通しがつきやすいのも特徴です。

メタバース上に出店している業界・企業5選

実際にメタバースに店舗を出店している業界・企業などを見ていきましょう。同業者や近い業界などの実例などがあるとより出店の際のイメージなどがつきやすいと思います。

次からは、メタバース上に出店している業界・企業5選の紹介です。

【メタバース✖️食品】大丸松坂屋百貨店 「バーチャル大丸・松坂屋」

大丸松坂屋百貨店は、昨年期間限定で「バーチャル大丸・松坂屋」を出店しました。

バーチャル上では利用者が自由に動き回り、食品3Dモデルを手に取って商品の形状を確認したり、バーチャルカタログで詳細を見たり、商品を購入することが可能で、ローストビーフ、カニ鍋、オードブルやスイーツなど、年末年始の食卓を彩る「ごちそうグルメ」が2700点以上が並びました。

さらに100人以上が集う「メタバース宴会」を開催し、大丸松坂屋のスタッフが、アバター姿で接客などをしました。

【メタバース✖️美容】Charlotte Tilbury 

メタバース 美容 ショップ 店舗
【参照】https://front-row.jp/_ct/17511957

メイクアップアーティストのシャーロット・ティルブリーが手掛けるコスメブランドCharlotte Tilburyは、バーチャルストアのブームを牽引していると海外で一目置かれる存在で、同ブランドのバーチャルストアは、仮想空間の中で宝探しをしてクリアすることで限定アイテムが購入できる機能や、友達とビデオチャットをしながら一緒にショッピングができる機能を導入、そして今年中には、アバターをつくってショップ内を歩ける機能を追加し、より本格的なメタバースを構築する予定だと発表しています。

【メタバース✖️小売】三越伊勢丹

メタバース ショップ 店舗 三越伊勢丹
【参照】https://www.mistore.jp/shopping/feature/shops_f3/vrinfo_sp.html

三越伊勢丹は、スマホ用のバーチャル都市コミュニケーションアプリ「REV WORLDS(レヴ ワールズ)」をリリースしました。

これは、メタバース上の『バーチャル伊勢丹』でショッピングやイベント、コミュニケーションが楽しめる新しい伊勢丹アプリです。

メタバースのバーチャル伊勢丹では、本物そっくりのバーチャルデパ地下で実際の商品が購入できたり、「ReStyle」や「ISETAN seed」、「ビューティアポセカリー」などの有名ショップでのショッピングも楽しめ、本物のスタイリストがバーチャルで接客を行います。

【メタバース✖️アパレル】BEAMS

メタバース 店舗 ショップ アパレル
出店 ビームス
【参照】https://robotstart.info/2021/11/29/beams-vr-shop-vrmarket2021.html

昨年12月に、世界最大のバーチャルイベント「バーチャルマーケット2021」に、「ビームス 原宿」をベースにした店舗を出店しました。店内ではBEAMSスタッフが操作するスタッフアバターによるバーチャル接客が受けられ、期間限定品などの商品も発売されました。メタバースにおけるショッピングの楽しさを演出することに成功し大盛況のようです。

メタバースに出店する方法3選

実際にメタバースで店舗・ショップを出店したい場合にはどうすれば良いのでしょうか?

現状では、以下のような専門サービスを提供する企業に依頼するのが一般的となります。

cluster

メタバース 店舗 出店 クラスター
【参照】https://cluster.mu/

強み

・オリジナルメタバース「cluster」への出店やイベント開催をサポート

・アバター、会場、演出などの制作を代行

・自社だけのメタバースを作成することも

HIKKY

メタバース 店舗 出店 ショップ ヒッキー
【参照】https://www.hikky.co.jp/

強み

・業界トップクラスの実績

・ライブや販売だけでなく試乗、展示会、シアターなど幅広いユースケース

・システム設計から制作まで柔軟にカスタム可能

Urth

メタバース ショップ 店舗 

強み

・設計のプロが行うデザイン 建築家をはじめとした、  設計のプロがデザインを補佐

・データで商談・会話を分析 VRから得られる音声・行動データを分析し、より良い経営へと変える手助けが可能

・対面販売を実現 アバターとなって、接客・交流ができます 

導入費用

メタバース ショップ 店舗

ここで気になるのは、導入費用に関してです。メタバースを構築するのは数年前までは1000万円から1億円を超えるのが当たり前でした。今でも、そのイメージをお持ちの方は多いかもしれません。

しかしながら、現在では様々な取り組みにより、メタバースを導入するコストは大幅に下がっています。弊社が提供するV-airでは、初期費用や構築費用を含めて30万円からメタバースを構築可能です。

建築家が作ることで、逆にクオリティが高く低価格なメタバースを構築できるようにしています。

まだまだ、未来の技術ととらえられがちなメタバースですが、比較的簡単に導入が可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、メタバースでの店舗を出店する記事でしたが、まだ珍しいメタバースでの出店はおそらく常態化されていき、現在のECサイトと同じように一社に一つメタバース空間を持つ時代が来るのではないのかと思います。まだまだ、発展途上の業界ですが、可能性や今後の展望なども踏まえて一度検討してみてはいかがでしょうか。

V-airで理想の店舗を作ろう!

メタバース,店舗,出店,メタバースショップ
V-airで理想のメタバース店舗を作成できます。

 

PAGE TOP