ECはもう古い? 最先端の【メタコマース】とは?事例4選を解説

最近急速に広まりつつある言葉、「メタコマース」
この言葉は「メタバース」と「コマース」という二つの言葉を組み合わせたもので、メタバース上で行う販促方法
「メタバース」はIT大企業郡GAFAMでお馴染み「Meta」が特に注力している分野で、インターネット上に置かれた仮想空間のことを指します。
「コマース」は英語で「販促」・「商売」を指す言葉で、ECサイト(E-コマース)やテレビのCM(コマーシャル)などの使い方でよく耳にする言葉です。

メタコマースの意味はなんとなく掴めたところで、なぜメタコマースが急激に注目を集めたのか。その理由について深掘りしていきましょう。

メタバースとは 使い方も詳しく解説

メタバースとは?できることやメリットデメリット、始め方を詳しく解説

「メタバース」という言葉を聞いたことはあるけれど、正しく理解できていなかったり、詳しいところまで知らない方も多いのではないでしょうか。
今回はメタバースとはどのようなものかを紹介するとともに、注目されている理由や活用方法、今後の可能性などについて解説します。
なおこの記事を書いているのは、2020年からメタバース上の店舗で買物ができるサービスを開発、運営している株式会社Urthの代表です。メタバースが何なのか全くわからない方でも理解できるよう、簡単にわかりやすくメタバースについて解説しています。

メタバース 食品

【食品×メタバース】最新のメタバース導入事例3選をわかりやすく解説‼

人々の生活の中心にある、食。
私たちの体内に入ってくるものの商売であるからこそ、メタバース参入はありえない。
そう思っていませんか?
アパレル、美容業界は分かるけど…食品は…
そんなことはありません。
実は食品業界はメタバース導入をすることで10倍も100倍も可能性が広がっていく分野です。

VR×スポーツ,vr,スポーツ

【知っておきたい!!】VR×スポーツで広がる未来

甲子園、箱根駅伝、オリンピック。人生で一度は観に行きたいと思うスポーツイベントはこの他にもたくさんあると思います。実際こういったイベントに足を運んだり、応援をしたりすると、熱が入って普段とは格段に違う興奮を味わうことができます。
「現地に行かずとも、あの興奮感を味わえる世界」は、VRの技術によって、もう手の届くところまで来ています。

V-Air新機能-Audio-Zone-って何?

【1分でわかる! V-Air新機能】Audio Zoneの使い方を解説

VRでできることの可能性がどんどん広がっていく中で、今回はV-Airに新しく搭載されたAudio Zoneという機能について解説!この記事を読めば、あなたもAudio Zoneで何が変わり、何が良くなるのか、どう使えば良いのかということが丸わかり!

venture support

V-air 創業支援キャンペーン実施中

弊社の提供するVRサービス「V-air」では創業支援キャンペーンを行っています。

創業から一年以内の企業の皆様に無料でVRオフィスを最大一年間ご利用いただけるサービスです。

シナジーキャリア Urth

弊社が株式会社シナジーキャリアさんの「就活の教科書」で取り上げられました。

弊社と弊社サービスに関して、代表の田中がお答えしています。 株式会社シナジーキャリアさんは、「就活生に寄り添った情報を届ける」をミッションに「就活の教科書」などのサービスを提供されている企業さんです。 記事はこちら

法人向けVRサービス

VR事業:新ブランド,新機能のご紹介

メタバースの利用の広がりに伴い、ビジネス面でも多くの利用がされてきました。企業による利用も広がることでメタバースサービスに求められることは、幅広くなっています。
弊社ではそういった利用の仕方の多様化にお答えするためにVR事業をV-airブランドとして一つにまとめ、発展するVRのベースの技術を開発しつつ、各サービスでそれぞれのお客さんの利用に即した機能をご提供できるようにしました。
さらには、法人向けの新機能もご紹介!

VRコマース 事例

VRコマース・VRショッピングとは一体何?実際の事例を交えてご紹介!

突然ですがみなさん、『VR』と聞いて何が思いつくでしょうか?ゲーム・アトラクションなど非日常感を体験できるイメージだと思いますが、近年では生活に欠かせない【ショッピング】にもVRが活用されています。それが【VRコマース】です。

三井住友銀行 主要取引先銀行 株式会社Urth

取引先銀行に三井住友銀行が追加されました

text: Hiroki Tanaka 取引先銀行の変更に伴い、企業概容ページを更新しました。 主要取引先銀行に三井住友銀行が加わります。 今後とも、(株)Urthを引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

PAGE TOP