おすすめニュース

Pick Up

ニュース一覧

news

ニュースメタバース記事metatell機能紹介導入事例お知らせプレスリリース
メタバース記事2024.06.12

【事例23選】地方創生にメタバースが出来ること具体的な事例をご紹介

以下の文章は、記事の抜粋として再編集されており、見やすく整理されています。 --- コロナ対策の規制緩和に伴い、観光業界も少しずつ回復しており、インバウンド客の増加が見られます。 しかし、少子高齢化や地域経済の衰退など、日本各地の自治体が直面する課題は依然多くあります。 これらの問題に対処するため、多くの地方自治体がメタバースを積極的に活用しています。 本記事では、メタバースを利用した地方創生の事例とその影響を紹介し、メタバースが地方創生にどのように貢献しているかを探ります。最後までお読みいただき、新たな地方創生のヒントを見つけてください。

ニュース2024.06.10

三木谷浩史氏 特別講演・座談会 「日本を変えるイノベーション」に代表取締役 田中が登壇します

2024年6月10日株式会社Urth 2024年6月27日(木)に早稲田大学理工学術院と一般財団法人大川ドリーム基金が合同主催するイベント「三木谷浩史氏 特別講演・座談会 『日本を変えるイノベーション』」にて、株式会社U […]

メタバース記事2024.06.06

ブラウザで利用可能なメタバース7選|メリットや事例について解説

メタバースの利用がますます身近になり、特別なハードウェアなしでブラウザからアクセスできるプラットフォームが増えています。 この記事では、ブラウザ型メタバースの特徴やメリット、各プラットフォームの紹介、具体的な事例を通じて、その魅力と活用方法について詳しく解説します。 プライベートでの利用からビジネスでの活用を考えている方まで、この記事を読んでブラウザ型メタバースへの理解を深めてもらえれば幸いです。

メタバース記事2024.06.04

【初心者向け】VRのやり方とおすすめのアプリ・サービス11選をご紹介

技術の進化により、VR(仮想現実)は今後急速に日常生活や仕事に広まると予想されています。こうした背景から、国内外の多くの企業がVR市場への参入を発表・検討しています。 その一方で、ビジネスでのVR活用を検討している方の中には、「VRを気軽に試してみたい」、「VRで何ができるか知りたい」と思っている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、初心者の方に向けて、VRを体験する方法やVRの活用例、おすすめのサービスをご紹介します。 この記事を読めば、VRを体験するために必要な情報を効率的に得ることができるので、ぜひ最後までご覧ください。

メタバース 将来性 ない
メタバース記事2024.05.30

【2024年版】メタバースはオワコン?その理由と将来性について解説

最近では、「メタバースはもはや過去ではないのか」と疑問を持つ声も出ています。 本記事を読めば、今後のメタバースの展望について、歴史を振り返りながら効率良くキャッチアップできると思いますので、ぜひ最後までご一読ください。

メタバース記事2024.05.24

スマホで気軽に始めるメタバース体験|やり方とサービス10選をご紹介

「メタバースを体験してみたいけど、無料で始められるものはないかな…」と悩んでいる方も多いでしょう。本記事では、スマホで無料で遊べるメタバースサービスを6つ紹介します。目的別で解説するので、自分にあった無料のメタバースサービスが見つけられます。メタバースサービスをダウンロードする前に知っておいてほしいことも紹介するのでぜひご覧ください。

メタバース記事2024.04.17

【2024年 版】メタバースとVRの違いを最新事例とともに解説

メタバースとVR(バーチャルリアリティ)は、デジタル技術の世界で大きな話題を呼んでいますが、それぞれの違いをきちんと理解している人は少ないかもしれません。どちらも未来的でワクワクする技術ですが、実際には異なる特徴と活用方法を持っています。 本記事では、メタバースとVRの違いを分かりやすく解説し、具体的な事例を交えてその魅力をお伝えします。

メタバース記事2024.04.15

メタバース利用によるブランドイメージ革新~先進企業の事例から学ぶ~

1.はじめに メタバースとは、仮想現実(VR)技術や拡張現実(AR)技術を活用して作られる、リアルタイムで相互作用が可能な3Dのバーチャル空間のことを指します。この空間内では、ユーザーはアバターを通じて活動し、コミュニケ […]

ニュース2024.02.05

V-airを導入した株式会社文化資本総研様がメタバース空間でイベントを開催します

この度、株式会社Urth(本社:東京都新宿区、代表取締役:田中大貴、以下「当社」)が提供するメタバースサービス「V-air」を導入いただいた株式会社文化資本創研様が、2025年大阪・関西万博に向けた「デジタル・オープンイノベーション・キャンパス(DOIC)」プロジェクトのキックオフイベントをメタバース空間で実施いたします。

メタバース記事2024.02.01

Web型メタバース「V-air」が得意なことを紹介

V-airの導入を検討しているけど、実際にどんなことが得意なのか気になる方もいるでしょう。そこで本記事では、2020年からメタバース業界に参入している株式会社Urthのメタバースサービスである「V-air」の得意なことを紹介します。導入後にやりたかったことができなかったということが起こらないように、V-airができないことについても触れています。