Z世代とミレニアル世代がECサイトに求める6つのこと

Z世代 メタバース ECサイト

IT技術が発展し、技術への消費者の期待が高まっている昨今、企業のデジタル化の促進はもはや当たり前のこととなってきました。ECサイトを通じ、個人が好きな場所から、好きなものを購入できる時代。デジタルネイティブであるZ世代やミレニアル世代は中でもオンラインで買い物をすることを好むことをデータが示しています。

驚くことに、40%以上のZ世代の若者が自分たちの持つ衣服の半分以上をオンラインで購入しているのです。しかし、IMGの調査では、オンラインショッピングを好む若者たちはECサイトに、それ以上のことを求めるようになっていると言います。

リアルな店舗での買い物であった、「人と人との関わり」です。

この消費者のニーズに応え、Z世代、ミレニアル世代の消費者のニーズに応えるために効果的なECサイトにおける企業戦略を今回はご紹介します。


バーチャル店舗の導入

z世代 ECサイト ミレニアル世代

The Metaverse Consumer Report によると、25%の消費者は既に何らかの形でバーチャル店舗での買い物を経験したことがあり、そのうち70%もの人々がバーチャル店舗で商品を購入したというデータが出ています。

生まれた時からスマホを持ち、デジタルや最新技術に抵抗のない世代だからこそ、バーチャル店舗からの方が積極的に購入ができるのでしょう。

Z世代、ミレニアル世代の若者がオンラインショッピングにハマっていくにつれ、体験型ショッピングの要素を欲するのは自然な流れです。誰しもが、よりリアルな体験がオンライン上でできたら…そう思うでしょう。

体験型要素を加える方法が様々ある中で、一番効果的で最も知られている方法がバーチャル店舗の導入です。

例として、株式会社Urthが提供する Japan Henna Virtual World では、髪を健康に保つヘナトリートメントを扱ってきた Japan Henna のブランドの歴史を学ぶことができるブースや、店員と直接VR空間内で会話ができる仕様が施されており、ユーザーにとってよりリアルな空間での買い物ができるようになっています。

ライブ感を出すこと

ECサイト Z世代 ミレニアム世代

体験型のオンラインショッピングの中でも、重要視されているのがライブ感です。

ライブ感、つまり、配信等で有名人が商品紹介をしている最中にチャット等の何らかの方法で会話、購入が可能ということです。

Mckinsey によると、商品紹介の最中にチャット機能やリアクションボタンで購入ができる仕様にすることで、消費者が目玉商品の購入を即決しやすくなる可能性が高いということが分かっています。

「携帯会社の人に、熱意を持って営業をされて、その場の流れで機種変更をしてしまう」そういった感覚に近いことをECサイトにも取り入れていこうということです。

ライブ感があることで、消費者は販売者との心理的距離が近くなり、購入のステップに移りやすくなります。

ゲーム的要素を盛り込むこと

ゲーム

ゲーム的要素を加えることも、Z世代、ミレニアル世代を囲い込む戦略の一つです。

これは、中でもエンドユーザーのエンゲージメントを高めることに最も効果的です。

メタバース導入をしたあと、自社のメタバース空間を消費者に気に入ってもらい、長く使ってもらうための手段ということです。

最初の一回ではなく、長く使ってもらうためにゲーム的要素、つまり何か報酬を集めることができるような機能は非常に重要です。

Crocs と世界的ラッパー Saweetie コラボで、Crocs が上写真の tic-tac-toe 形式で同じ絵柄が3つ揃えば、限定の Saweetie ジビッツが貰えるというゲーム要素を加えたのが良い例です。結果的にユーザーのエンゲージメントが飛躍的に上昇し、成功しました。

【参照】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000165.000010635.html

他にも、Tommy Hilfiger がリリースした Tommy Play はFortnite のようなゲーミングプラットフォームである Roblox 上でユーザーが BMX バイキングをしながら Tommy Coin というオリジナル報酬を集め、NY Brooklyn の本物のアーティストのアートや、Tommy のアクセサリーと交換ができるという仕様があり、Z世代向けのマーケティングにも積極的です。

メタバースを取り入れること

既に紹介したように、Z世代、ミレニアル世代はインターネットはもちろんゲームのように、何か報酬を得るためにイベントに参加するということに慣れています。

それに呼応するように、メタバースでも、報酬を得られる仕様があるものがどんどん出てきています。

その代表例がNFTを報酬としたメタバース戦略です。

【参照】https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/stories/louis-200?gclid=Cj0KCQjwl92XBhC7ARIsAHLl9aly0pKWsMzSsUWYWllGRrKPi-zON1gr-ISklq4MaGGrxtfi0K2o_NEaAv2VEALw_wcB#!/videogame

Louis Vittonが2021年にリリースした Louis Game というモバイルゲームは、ブランドの200周年を記念したもので、メタバース戦略を効果的に活用しています。

敵を倒していくゲームで、最後のフロアに到達したプレイヤーの中から抽選で Louis Vitton のNFTが当たるという仕様でした。

もともとブランドに価値を感じている人の中から、NFTを獲得するチャンスを与えたわけですから、非常に上手い戦略だと言えます。

社会貢献要素を盛り込むこと

Z世代は、自分がその商品を購入することで社会的責任を果たせているかどうかにも重きを置きます。

代表的な社会問題は気候変動です。自分が車を使うことで、排出されるガス。これは少し大袈裟かもしれませんが、バーチャル店舗を持つことで、在庫を大量に揃えておく必要性が無くなります。

廃棄を少なくし、地球に優しいビジネスをすることで Z世代、ミレ二アル世代にも魅力的な企業をしてアピールができます。

【参照】https://www.moguravr.com/ralph-lauren-zepeto-cooperation/

Ralph Lauren はバーチャルのメリットにいち早く気づき、メタバース導入をした代表例です。

カスタマイズ性を取り入れること

Instagram も Youtube も一人一人にあわせたおすすめ機能があるように、Z 世代のユーザーは個々人専用にカスタマイズが可能なECサイトを求めています。

IEEEのXueming Qianの研究によると、ECサイト大手のAmazonの売り上げの、最低でも20%はおすすめ機能に基づいたカスタマイズからきています。

このことからも、カスタマイズ機能があるECサイトは、ユーザーからだけではなく、企業側にも目に見えるメリットがあるということが分かります。

【参照】https://agata-code.com/shopify/product-recommendation-quiz/

個々人専用にカスタマイズする方法として、Fenty が Recommendation Quiz というアンケートをとるという形をとっています。具体的な肌の特徴を質問し、ユーザーに回答させたことで、Fenty のECサイトは一人一人にあった商品をおすすめできるようになり、カスタマイズ戦略として成功しました。


時代に合わせて、高まる消費者の期待に企業側はついていかなければなりません。実店舗でのビジネスしかなかった時代から、ECサイト、そしてメタバースまで鳥れる企業がアメリカでは出てきています。

どんどんデジタル化が進んでいく世の中に対応していくために、様々な戦略を取り入れている企業の方はぜひ参考にしてみてください。

今回の記事は以下の記事から引用しました。

引用元:https://www.obsessar.com/gen-z-ecommerce-expectations/

株式会社Urthが提供したメタバース導入成功事例を知りたい方はこちら

3Dデータの共有サービスを始めます!眠っている建築データを披露しよう!!



Urthでは、7kakeやVRmallなどの自社サービスを生かして、建築の3Dデータを公開、共有できるサービスを来月末リリース予定です。
Instagramnで写真を共有できるように、CADで作った3Dデータを保存、公開、共有できるサービスです。

また、アップされたデータは、身分証明を行った履歴とともにブロックチェーンに紐づけることで、建築のデータをより価値のあるものへと変化させます。

ただいま初期ユーザーを募集中です。以下のリンクからDiscordに参加すると、アプリの情報をどこよりも早くお届けします。

 

PAGE TOP