VR研修はどんな企業が-向いているのか?画像

VR研修はどんな企業が向いてるのか?導入事例を含めて詳しく解説

近年VRを活用した社員研修の導入が注目を浴びています。

しかし、実際にVR研修を導入した具体的なイメージが湧かず、自社にとってVR研修が合っているのかわからないと思う方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では実際にVR研修を導入している企業の紹介や、どんな企業がVR研修に向いているか詳しく解説しているので、自社に合ったVR研修が見つかるはずです。

最後にはVR研修を提供している企業を7社紹介しているので、ぜひ企業選びの参考にしてください。

メタバース 保険 ショップ

保険の販売にメタバースショップを活用する?事例や導入のメリット、方法を紹介

20221年10月に元Facebook社が、現在の「Meta」に社名変更をし世間一般的に「メタバース」がバズワードとして広まってから約1年が経過しようとしています。当初は「メタバース」もビジネスでの活用が模索中でしたが、現在では、様々なビジネスシーンで活用されている事例を耳にする事も多いかと思います。今回は、保険販売にメタバースを活用している事例やメタバースを導入するメリットや導入の際のリスク、最後にメタバースの導入方法について紹介します。

オンライン コミュニケーション 活性化 コツ メリット デメリット

オンラインコミュニケーションを活性化させるコツは?メリット・デメリットも紹介

リモートワークや業務効率化によってオンラインコミュニケーションを導入する企業が増えています。
一方で、「なかなかオンラインコミュニケーションが自社で浸透しない」などの課題を抱えている企業も少なくないのではないでしょうか。
そこで、本記事では、オンラインコミュニケーションを活性化させるために必要な基本知識や活性化させるコツを丁寧に解説しています。
最後には、おすすめのツールだけではなく、各業界で注目されているメタバースを利用したコミュニケーションツールについても紹介します。
ぜひ本記事を読んで、企業のオンラインコミュニケーションの活性化につなげてください。

メタバース 始め方 おすすめサービス

メタバースの始め方を徹底解説!おすすめサービスや注意点も

近年ビジネスシーンでも多様に活用されている「メタバース」ですが、どうやって始めればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

今回はメタバースの始め方や注意点、おすすめのプラットフォームを紹介します。ビジネスでメタバースを使ってみたい方はぜひご覧ください。

教育 VR

教育でのVRとは?導入事例やメリット・デメリットを紹介!

近年、メタバースの観点から注目が集まるVR技術。
実は教育の面でもすでに利用され始めている技術ですが、皆さんはご存じでしょうか?
本記事では教育におけるVRの活躍について紹介していきます。

メタバース 自動車,VR,メタバース 事例

【自動車×メタバース】最新のメタバース導入事例3選をわかりやすく解説

昨今、インターネットやメディアで注目の的となっているメタバース。まだまだ発展途上のシステムでありながら、実はすでに自動車業界でメタバース導入を進めている企業があることを知らない方も多いのではないでしょうか。今回は自動車業界にメタバース導入するべき理由や実際の活用方法について解説します。今回は自動車業界にメタバース導入するべき理由や実際の活用方法について解説します。

オフィス DX メタバース

オフィスのDX化とは?流行りのメタバース導入も紹介!

近年、各企業で業務のDX化を目指す動きが増えています。
DXとは「Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)」の略。
人が手作業でやっていたアナログな業務にデジタル技術を導入するだけでなく、デジタル化による組織改革や業務の革新的なイノベーションを目指した取り組みのことを意味します。
そこで、現在注目され始めているのがメタバース(仮想空間)技術を利用したオフィスのDX化です。
オフィスのDX化はメタバースの導入以外にも、書類の電子化やクラウドでの入退管理など多くのサービスが存在します。
しかし、変化の激しいIT業界において、オフィスをDX化することで得られるメリットや、どの企業のサービスを導入すればいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、オフィスをDX化することで得られるメリット3つと、メタバース技術を利用したサービスを含めたDX化の種類とそれを導入できる会社について紹介する内容となっています。
本記事を読んで、ぜひ自社のDX化に役立ててください。

ECはもう古い? 最先端の【メタコマース】とは?事例4選を解説

最近急速に広まりつつある言葉、「メタコマース」
この言葉は「メタバース」と「コマース」という二つの言葉を組み合わせたもので、メタバース上で行う販促方法
「メタバース」はIT大企業郡GAFAMでお馴染み「Meta」が特に注力している分野で、インターネット上に置かれた仮想空間のことを指します。
「コマース」は英語で「販促」・「商売」を指す言葉で、ECサイト(E-コマース)やテレビのCM(コマーシャル)などの使い方でよく耳にする言葉です。

メタコマースの意味はなんとなく掴めたところで、なぜメタコマースが急激に注目を集めたのか。その理由について深掘りしていきましょう。

メタバースとは 使い方も詳しく解説

メタバースとは?できることやメリットデメリット、始め方を詳しく解説

「メタバース」という言葉を聞いたことはあるけれど、正しく理解できていなかったり、詳しいところまで知らない方も多いのではないでしょうか。
今回はメタバースとはどのようなものかを紹介するとともに、注目されている理由や活用方法、今後の可能性などについて解説します。
なおこの記事を書いているのは、2020年からメタバース上の店舗で買物ができるサービスを開発、運営している株式会社Urthの代表です。メタバースが何なのか全くわからない方でも理解できるよう、簡単にわかりやすくメタバースについて解説しています。

メタバース,ミーティング,会議

メタバース上でチームミーティングを開くメリット【5選】

メタバース空間は様々な分野でその可能性が模索されています。「新しい働き方」においても同様に、メタバース空間の利用が進んでいます。
本記事では、ミーティングとメタバースの親和性に着目して、チームミーティングにメタバースがなぜ選ばれるのかを焦点に、zoomなどオンライン会議ツールとの違いも含めながら5つのメリットにまとめました。

資料請求
この資料では、「メタバースってなに?」「メタバースを使って何ができるの?」そのような疑問を解消するための資料となっています。 メタバースやV-airの導入をご検討の方はまずこちらの資料をご覧ください。
お問い合わせ
「メタバースってどんな活用方法があるの?」そんな疑問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP