News

【モール型ECサイトを徹底分析!】個人事業主にとっての3つのメリットデメリット

個人事業主,ECサイト,モール型

text:
Go Tutsui

今回の記事はモール型 EC サイトを導入しようと考えている個人事業主向けになります。

まだ、 EC サイト自体がよく分からないという方は次の記事をご確認ください。 EC サイトのメリット&デメリットや、カート型 EC サイトに関しての紹介記事となっています。

「モール型」は個人事業主の弱点の集客力をカバー

個人事業主 モール型EC

個人事業主の方の課題の一つとして「集客力」が挙げられるのではないでしょうか?

これからご紹介するモール型の EC サイトは、集客力に非常に富んでいます。サービス展開の手段として、 EC サイトの導入を考えている個人事業主の方にはモール型がおすすめです。

「モール型」ECサイトのメリット

モール型のECサイトのの三つのメリットは次のものです。

  • 圧倒的な集客力
  • サイト開設日から販売が可能
  • 手厚いサポートを受けられる

メリット①圧倒的な集客力

個人事業主 モール型ECメリット

モール型のECサイトは、誰もが一度は聞いたことのある企業が運営しているものがほとんどです。自分ではリーチできなかったお客さんにも、自身のサービスや商品をみつけてもらえる機会を手に入れることができます。

商品が、お客さんのニーズ(検索したワード)とかみ合えば、モール型ECサイトの人気商品となり、一気に収益を拡大することもできるのです。小さな事業でも、多くのお客さんに触れてもらえるチャンスをつかめる場所として、モール型のECサイトはぴったりです。

メリット②サイト開設日から販売が可能

モール型 個人事業主 メリット2

モール型ECサイトの特徴の二つ目は、販売方法、配達、決済に伴う資金移動、全てがすでに確立されたモデルができている点です。モール型ECサイトに出店する場合、多くのサイトで審査がありますが、その審査を乗り越えれば、サイト運営会社が用意した販売システムを利用して、Eコマースを 実現できます。

配送業者と契約を結んだり、決済代行業者とやり取りをする必要があるなど、自分でECサイトを作る二は大きな障害がいくつもありますが、モール型のECサイトはそれらrの障害を全て肩代わりし、さらには販路の開拓も行っているのです。

大手のモール型ECサイトでは、最短サイトに登録したその日から販売ができるものもあります。配達や決済などの諸機能を備えることに注力するよりも、とにかく早く、多くの人に売りたい場合もモール型のECサイトはお勧めです。

メリット③手厚いサポートを受けられる

個人事業主 サポート EC

モール型のメリットの3つ目は、サポートがうけられる点です。数万~数百万を超える企業、個人事業主のEコマースを支えるモール型ECサイトの運営企業は、そのEコマースでの売り方のノウハウが蓄積されています。有償のサービスが多いですが、多くのモール型のECサイト運営会社では、どのようにしたらより多く商品が売れるのかをコンサルティングしてくれるサービスが提供されています。特になかなか事業の相談をする相手を探すのが難しい、個人事業主の方にとっては非常に助けになるかもしれません。

売り上げの増加だけでなく、細かな不具合などちょっとしたわからないことも気軽に聞ける環境が整っている点も、モール型のECサイトはEコマースを始めたばかりの方にはお勧めできます。

「モール型」ECサイトのデメリット

モール型のECサイトのの三つのデメリットは次のものです。

  • 手数料や月額固定費が比較的高い
  • サイト内のルールに従う必要がある
  • ブランディングには不向きである

デメリット①手数料や月額固定費が比較的高い

モール型EC デメリット 個人事業主

モール型ECサイトは、手厚いサポートがある一方で、手数料や月額固定費もカート型ECサイトに比べて高額になることが一般的です。

大手では、月々5万円の月額固定費が発生することもあります。また、お勧めの商品として表示されるなど、追加で宣伝をしたい場合はその都度費用がかかる仕組みとなっています。

無料でつくることができるカート型ECサイトに比べると割高な費用がかかってしまうのは注意点です。

デメリット②サイト内のルールに従う必要がある

個人事業主 デメリット モール型 EC 2

モール型ECサイトは、多くのショップが一つのサイトに集まることでできています。そのため、配達方法や手数料、配達料など、サイト運営会社のルールに基づいた販売が必須となることがほとんどです。独自の配達経路を用意したり、手数料を変更したりすることはできない場合が多いです。

運営側のルールに従わなければ、最悪出店ができなくなるなどの措置もあるので、注意が必要です。

デメリット③ブランディングには不向きである

個人事業主 ECサイト 比較

モール型ECサイトでは、サイト運営会社によって決まったデザインが行われており、そのデザインを変更することはできないことが多いです。そのため、Webサイトを自社のブランドの様式に整え、ブランディングをするといったことは難しいのが現状です。

また、購入者層も商品を目当てに来るお客さんが多く、その商品を扱っている企業に興味を持つお客さんは少ないです。お客さんが購入した際は、サイト運営会社で購入したイメージを持つことが一般的です。そのため、比較的お客さんがある特定の企業のファンとなるのが発生しづらい形態であるといえるでしょう。


まとめ

今回は、個人事業主の方が使うことを想定して、モール型ECサイトを分析しました。モール型ECサイトは多くのお客さんに届くという強力な要素を持ちつつ、ブランディングなどには不向きな面がありました。

以前紹介したカート型や新しい販売形態として出てきている、ライブコマースやVコマース、さらにはVRコマースなど、それぞれのEコマースの特徴に応じて、最適なネットショップ運営をすることがこれからは必要です。

定期購入など、新たな施策もモール型ECサイトでは行われるなど、常にECサイト運営の最前線を走る企業のサイトで販売できることは個人事業主にとっても強味となります。積極的に販路を拡大していきたい方は利用すると良いでしょう。

3Dデータの共有サービスを始めます!眠っている建築データを披露しよう!!

Urthでは、7kakeやVRmallなどの自社サービスを生かして、建築の3Dデータを公開、共有できるサービスを来月末リリース予定です。
Instagramnで写真を共有できるように、CADで作った3Dデータを保存、公開、共有できるサービスです。

また、アップされたデータは、身分証明を行った履歴とともにブロックチェーンに紐づけることで、建築のデータをより価値のあるものへと変化させます。

ただいま初期ユーザーを募集中です。以下のリンクからDiscordに参加すると、アプリの情報をどこよりも早くお届けします。

 

Discordへの参加はこちら

コメント

  1. best delta 8 cbd gummies より:

    This paragraph is in fact a good one it assists new web users, who are wishing
    in favor of blogging.

コメントを残す

*